MENU

【稼ぎすぎてヒモ男化?】反町隆史の現在は釣り三昧生活!『相棒』で稼いだ額がやばすぎる!

1990年代にドラマ『ビーチボーイズ』『GTO』に出演し一気に注目を浴び、スターになった反町隆さん。2001年に女優の松嶋菜々子さんと結婚し、”理想の美男美女カップル誕生”と世間を沸かせました。

1973年12月19日生まれの反町さんは2022年現在49歳。最近メディアへの露出が減ってきた印象があり、一部では『劣化した』などと言われていますが、どうなのでしょうか。そして、仕事や私生活は順調なのでしょうか?調査してみました!

 

反町隆史の現在は釣り三昧のイクメン!


引用:Google画像検索

反町隆史さんは2021年まで人気ドラマシリーズ『相棒』に出演されています。むしろそれ以外はあまり見かけない印象がありましたが、『相棒』といえばかなりの人気作品。主役級を演じている反町隆さんの場合、一本当たりのギャラが200万円にもなると言われています。

『相棒』は1シーズンで2クール20本の放送ですから、撮影終了後には4000万円の収入が入ることになりますね。反町さんは2021年に『相棒』を”卒業”するまで7年間出演していましたから、単純計算でも3億円近い収入があったことが推測できます。

もちろん『相棒』以前にもかなり稼いでいたでしょうから、あくせく働かなくてもいい状態でしょうね。湖の近くの別荘で悠々自適な生活・・・最高ですね。

私生活ではイクメンで有名な反町さん。2022年現在、私生活では子供の送り迎えや家事などを行なっているほか、琵琶湖の別荘で釣り三昧の日々を楽しんでいるようで、「松嶋菜々子のヒモ夫」なんて冗談で言われていたりもします(笑)

「スマホだと湖に行った時に電源が入りづらいところが多い」という理由でいまだにガラケーを使っているとのことなので、釣りが大好きなのは間違いないですね。仕事と子育てと趣味をバランスよく楽しめていて羨ましいです。

“反町隆史は干された”は勘違い?2022年は『日曜劇場』に出演している

若いころに比べてドラマへの出演が減っている反町さん。一部では“反町隆史は芸能界で干されてしまったのでは?”と心配されていました。しかしその心配は杞憂で済みそうです。

というのも、反町さんは2022年7月から放送しているTBS系・日曜劇場『オールドルーキー』に出演されています。『日曜劇場』といえば、ドラゴン桜や半沢直樹、下町ロケットなど数々の大人気ドラマを生み出してきた放送枠です。芸能界で干されていたらとてもこの枠のドラマには出られないはずです。


引用:Google画像検索

しかも演じる役柄は、無職になった主人公を助けてくれるスポーツマネジメント会社の社長役。かなり出番も多いですし、重要なポジションです。反町隆史さんは干されるどころか、今でも業界から高い信頼を得ている俳優だということがよく分かりますね。

実際、『オールドルーキー』での反町さんを見た方からは「とにかくカッコええ渋すぎる」「渋さとイケオジ感。最高ですね」といった称賛の声が多数上がりました。


引用:Twitter

 

反町隆史は劣化した?


引用:Google画像検索

「反町隆史は劣化した!」という声もあるので、昔と今を比べてみましょう。

10代 ジャニーズにいた頃。 中断が反町さん。引用:Google画像検索

23歳 ドラマ『ビーチボーイズ』の頃。

引用:Google画像検索

36歳 『交渉人』の頃

引用:Google画像検索

48歳の現在。『オールドルーキー』でのワンシーン。

引用:Google画像検索

こうやって比べてみると、全く劣化していませんね。むしろ年齢を重ねるたびにかっこよくなっている気がします。

妻・松嶋菜々子との関係は良好


引用:Google画像検索

妻は女優の松嶋菜々子さん。1998年の連続ドラマ『GTO』での共演がきっかけで交際を開始し、結婚に至りました。美男美女カップルの誕生に世間はどよめきましたよね~。

2人はおしどり夫婦としても有名で、女子SPA!さんが2022年に調査した『好きな”共演から結婚”カップルランキング』では2位にランクインしています。

反町さんは松嶋さんに関して、「ご飯を作ってくれたり、家庭的な面に惹かれた」と語っています。松嶋菜々子さんは反町隆史さんに関して、「嘘がなく、真っすぐなところ」に惹かれたとのことです。

仕事に関しては夫婦でうまく分担しているようで、

  • 家事は松嶋さんがやるが、仕事で多忙な時は反町さんが代わって家事をやる
  • ラーメン屋でのバイト経験があり、料理の腕を家庭でもふるっている
  • お子さんの送り迎えは2人で分担
  • どちらかが長時間の撮影の仕事がある場合は、もう一人はスケジュールを空けておく
  • 夫婦の撮影現場が隣同士になった時、松嶋さんは差し入れをもってあいさつに行った

お2人とも立派な大人ですから、お互いに気を使いながら良好な夫婦関係を築いているようですね。どちらかというと、松嶋菜々子さんがうまく反町さんに合わせている印象があります。

 

子育てでは対立ぎみ?


引用:Google画像検索

    反町夫妻は仕事とプライベートを完全に分けるという意識が強いらしく、子供のことについてはほとんど公表していません。しかし、子供は娘が2人で2022年時点で17歳13歳だということは分かっています。長女は沙都(さと)さんで次女は小都(こと)さんという名前だという説が有力です。次女の小都さんは小学校入学時に写真を撮られているのですが、反町さん夫妻がマネージャーを通してその写真が出回らないようにしたそうです。徹底して娘達を守ろうという意思を感じますね。

    また、子育てにお金をしっかり使っているようで、娘さんは2人とも松山バレエ団に通わせたり英会話を習わせたりしているそうです。入学金や月謝、衣装代や備品代など、毎月の出費は習い事だけで何十万円もかかるようです。

    さらに長女は有名私立大学を卒業しロンドンに留学したり、次女は偏差値65のエリート校に通っているなど、どちらも優秀な子供達だということが分かっています。

    子育ての方針についてですが、反町隆史さんは子供をのんびり育てたいという思いがあるようですね。「勉強も大事だけど、それ以上に友だちをたくさん作って伸び伸び育ってほしい」とのことです。「お受験なんて必要なのかな」と、周囲にグチをこぼすこともあったそう。反町さん自身が学歴ではなく自身の演技でたたき上げてきたタイプですから、お受験に違和感があるのかもしれませんね。

    一方の高嶋さんは“教育ママ”で有名です。教育に関しては、娘が幼いころから「今から始めないとだめなの」と言い、娘を慶応大学に入れるために、年間200万円の授業料がかかる塾に娘を通わせていたとの情報もありました。松嶋さんは高校卒業前にファッション誌の専属モデルに起用され芸能活動をしていましたから、学業に勤しむ時間がなかったようです。このことからやはり、子供にはしっかり勉強させてあげたいと思っているみたいですね。

    反町隆史さんは当初、松嶋さんの教育方針に対して何も言えない状態だったそうですが、今では松嶋さんの考え方に理解を示し、子供の送り迎えなど積極的に育児に参加されています。

     

    【事件】2000万円弱の損害賠償を払った!?


    引用:Google画像検索

    2011年5月に、反町夫妻が飼っていたドーベルマンが同じマンションの住人の女性の脚に噛みつきケガをさせるという事件が起きました。

    ケガをした女性は、それが原因で翌月に転居したのですが、不動産管理会社は途中解約の違約金(賃料2カ月分・350万円)を請求しませんでした。その代わりに反町さん夫妻を相手どり、この違約金と(退去した女性の)賃貸契約終了までの家賃に相当する賠償金を請求する訴訟を起こしたのです。

    裁判は2審まで行われ、反町夫妻は2013年10月に東京高裁から1725万円の賠償を命じられています。とんでもない金額ですよね。もちろん、月に200万円近くもするマンションに住める反町夫妻の支払い能力を考慮しての金額だと思いますが・・・。あとは室内で飼える小動物以外の飼育が禁止されていたマンション規約に違反していたのも大きかったようです。ドーベルマンは散歩が必要ですからね・・・。

    世間の声

    反町隆史さんについては悪く言う意見は見当たりませんでした。昔のイケメン具合や現在の渋さに称賛の声が多数あります。


    引用:Twitter

    引用:Twitter


    引用:Twitter


    引用:Twitter

     

    まとめ

    この記事の内容をまとめます。

    • 反町隆史の現在は釣り三昧のイクメン
    • 反町隆史の昔はイケメン。現在はイケオジ
    • 妻・松嶋菜々子さんとは良好な関係を築いている
    • 反町隆史には娘が2人いる。
    • 子育てでは松嶋菜々子に従っている?

    最後まで読んでいただいてありがとうございました。

    若い頃はイケメン。現在は渋いイケオジの反町さん。今後、俳優としてもまだまだご活躍されるはずです。いずれは娘さんたちも芸能界デビューして、親子で共演なんてことになるかもしれませんね。ご活躍を楽しみにしています!

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)