MENU

寺田心の母親は元女優のヤンキーでシングルマザーってホント?気になる親子仲は?

TOTOの「ネオレスト」のCMで、あどけないバイキン役(リトルベン)を演じ、「かわいすぎる!」と一躍有名になった寺田心くん。以降、多数のCMやバラエティ番組に出演し、2017年にはNHK大河ドラマおんな城主 直虎』で虎松の幼少期を演じました。

そんな心くんも2021年現在、13歳で中学1年生となっています。この前たまたまみかけたネットニュースで、「中学生になって、時々母と意見が合わなくてギシギシするんですけど、反抗期でしょうか…。」と発言しており、心くんの母親に興味がわいたので調べてみました。

ネット上では心くんの母親に関して「元女優」とか「ヤンキー」といった噂がありますが本当なのでしょうか?さらに、天才子役を世に生み出した母親への世間の声もご紹介します!

 

寺田心の母親は元女優のヤンキー?

結論からいえば、心くんの母親が元女優とかヤンキーであるという証拠は見当たりませんでした。そもそも心君の母親に関しては情報が全くと言っていいほど公開されておらず、心くんや周りの発言から推測するしかありません。まともな母親であれば、家族のことは公言しないように息子によく言って聞かせるでしょうし、周りの人間も子役の家族に関してネガティブなことは言わないと思います。

ただでさえ売れっ子の子役の親は世間から白い目で見られやすいので、本人や親がマイナスのイメージを持たれないように、細心の注意を払っていると思われます。


画像引用元:Twitter

 

母親はシングルマザー

心くんの母親はシングルマザーであることが判明しています。

2015年4月7日放送の「バイキング」で、お茶漬けとスライスチーズの組み合わせがおいしいのか、スタジオで試食するという企画がありました。お茶漬けを食べた坂上忍が微妙な反応をみせるそばで、心くんは「おいしいです」とコメントしました。

それを見た坂上忍が「心くんアレか?楽屋でお父さんにおいしいしか言っちゃダメだぞとか言われてない?」と冗談交じりに言い、心くんが「お父さんいないんで!」と無邪気に答えました。

このやりとりでスタジオの空気は一瞬凍り付きました。「バイキング」は生放送なのでカットすることもできず、周りの大人たちはどう反応していいか分からなかったようです。


画像引用元:Twitter

空気を察した坂上忍がすかさず心くんの頭を優しく撫で、出演者の一人であった小籔千豊が「んなちっちゃい子、んなもん味なんかわからへんがな。」と場の空気を和ませてくれたおかげでなんとか乗り越えました。2人のフォローは神対応だと賞賛されています。(その時の動画がこちら↓)

坂上忍も小籔千豊も反応早いですね(笑)さすがです。


画像引用元:Twitter


画像引用元:Twitter

心くんのこのコメントに対して、「”今は楽屋に父親はいない”という意味では?」との意見もありましたが、実際に心くんに父親はいないようです。トーク番組の『ボクらの時代』に出演した時も、

僕はお父さんいないけど、お母さんとおばあちゃんがいっぱい応援してくれてる。「心、頑張れ」って。だから怒られて悲しくなっても勇気を持てる。ありがとう。じゃあ、がんばるよって。」と発言しています。幼い子役に”怒られて悲しいけど頑張る。”と言わせてしまう周りの大人ってどうなんだ、と個人的には思ってしまいます。


画像引用元:Twitter

母親がシングルマザーの理由は?

心くんの母親がシングルマザーになった経緯は公表されていません。もちろん、父親が誰なのかも分かりません。心くんが自分の父親のことをどこまで知っているのか、知っていたとしてどこまであっているのかも不明です。子役の子供に関して、ここまでデリケートかつプライベートに踏み込む内容が公表されることはまずないでしょう。

参考までに、女性から離婚を申し立てた場合の離婚理由のトップ5を調べてみました。

【妻の申し立て理由】
1位.        性格の不一致 39.4%
2位.        生活費を渡さない28.9%
3位.        精神的に虐待する25.3%
4位.        暴力を振るう21.6%
5位.        異性関係16.7%

「司法統計 性別離婚申し立ての動機割合の推移2017年分より」
※離婚理由を重複選択しているため100%を超えています

1位の”性格の不一致”はともかく、2位以下は論外ですよね。心くんの母親の場合もこのどれかに当てはまったのでしょうか・・・。

母親に恋人は?

現在、心くんの母親に恋人がいるのかどうかも公表されていません。ですが、少なくとも子役時代にはいなかったと思います。子役を成功させたければ、母親もかなりの努力をしなければいけないため、恋人など作っている暇はないからです。

なぜなら、子役が活動を始める場合、親がマネージャーのような役割を果たすことがほとんどで、子どもにずっと付き添わなければいけないからです。親の具体的な役割としては・・・

  • 子どもとスタッフがコミュニケーションをとれるような空気を作る。
  • 書類作業などの手続き。
  • 子どもの体調&スケジュールの管理
  • (子役の)仕事内容をチェックし、子どもに分かるように伝える。
  • 子どもの精神的なフォロー

などなど、多岐にわたります。子どもといつも一緒にいてマネジメントするわけですから、おそらく普通のサラリーマンよちも忙しいでしょう。こんな中で恋人を作るのはまず無理です。仮にいい人がいたとしても、2人きりになる時間がありませんからね。

母親に対する世間の声


画像引用元:Twitter


画像引用元:Twitter


画像引用元:Twitter


画像引用元:Twitter

否定的な見方から肯定的な応援、ネタにしている人など、様々ですね。

母親との親子仲は?

心くんは母親と祖母と暮らしています。あのとても丁寧な言葉遣いは祖母から学んだそうですよ。また、上記でご紹介したように「お母さんとおばあちゃんが応援してくれるから頑張れる。」と本人は言っています。しかし、子役として成功しているわが子を応援するのは家族として当たり前に思えます。嫌な見方ですが、お金だって入ってきますしね・・・・。正直なところ親子仲はどうなのでしょうか?

寺田心の将来の夢は俳優とシェフ?その理由が・・・

『僕らの時代』の番組中、心くんの将来の夢は”俳優とシェフ”だということが分かりました。その理由が、「ママに絶品料理料理を作ってあげたいから」だそうです。俳優をやりながらシェフもやりたいとのこと。この発言が本人なりに受けを狙ったものなのか、周りの大人からあらかじめ仕込まれていたものなのか分かりませんが、本心だとしたら母親想いですよね。

また、心くんの母親も、息子にしっかりと愛情を注いできたようです。例えば、

  • 寺田くんが小さい頃から絵本の読み聞かせをする。
  • 道徳をしっかり教える(お年寄りには席を譲る。自分がされたら嫌なことはしない。etc・・・。)
  • 息子のステージに付き添う。
  • 台本の分からないところにはルビをふってあげる。

シングルマザーとしての普通の子育てに息子の子役のためのサポートまでするのですから、非常に大変な毎日だったはずです。

さらに、祖母についても本人の想いが分かるコメントがあります。2018年の映画『ばあばは大丈夫』に出演した際、監督のジャッキー・ウーとの対談で、

「自分もおばあちゃんのことが大好きなので、読んでいてすごくおばあちゃんのことを考えました。」

とコメントしています。おばあちゃんからすれば嬉しいコメントでしょうし、たぶん本心でしょう。

中学生になってから母親と対立?

3歳から芸能活動を始めた心くんも2021年現在で13歳。中学生になりました。

13歳ともなれば反抗期が始まる次期。冒頭でも述べたとおり、自分でも反抗期を自覚している様子。
親子仲は大丈夫でしょうか?

中学生になった心くん↓

画像出典元:クランクイン!!

個人的には、親子仲はまだまだ良好だと思います。心くんは2021年の映画、「妖怪大戦争 ガーディアンズ」で主演を務めました。その時のインタビューで、『僕は食べることが大好き』という話の流れで、「では、一番テンションが上がるときは?」と聞かれて、「家族と一緒にいる時」と答えています。「特に祖母とUNOをするときが最近は一番楽しいです。」とのことなので、家族全員の関係はまだまだ良好だと思われます。

「妖怪ガーディアンズ」での心くん。中学生にしては幼く見えるかも?

画像出
典元:クランクイン!!

中学生になった寺田心への世間の声は?

声変わりも進んでいて、ちょうど”子役”と”俳優”の中間の時期にさしかかっている心くん。成長した彼への世間の声には以下のようなものがありました。


画像引用元:Twitter


画像引用元:Twitter


画像引用元:Twitter


画像引用元:Twitter


画像引用元:Twitter

ほとんどの人は、中学生の心くんがどうというよりも、時の流れが早すぎることに絶望しているみたいですね(笑)

心くん本人に関しては、「まだまだ可愛い」という声が多数でした。これから10年後、彼がどんな俳優になっているのか?とても楽しみですね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)